うなじ脱毛に通うペースや期間について

うなじ脱毛の通うペースはどのくらいが良いのでしょうか。
毛には毛周期と呼ばれている毛の生え代わりの周期があります。
毛の成長段階には成長期、後退期、休止期という段階があり、成長期のときに脱毛の施術を行うのが最も効果的だと言われています。
退行期、休止期のときに施術を受けても効果を期待することができません。
そのため、脱毛の施術は、毛周期に合わせて行い、2ヶ月~3ヶ月に1回施術に通うことになります。
うなじ脱毛は、産毛のような細い毛を処理するので効果が出にくく、効果が出るまでに時間と回数がかかることがあります。
他の部位であれば、一般的に脱毛の施術は6回程度で、ある程度は完了すると言われていますが、産毛の脱毛の処理は6回ではなかなか完了しない場合が多いです。
そのため、うなじが完全にキレイになるまでには、2年ほど時間がかかる場合があるということを頭に入れておきましょう。
その他、うなじ脱毛をする上で気になることといえば、やはり、襟足をどのような形にするか、ではないでしょうか。
こちらの記事(うなじ脱毛ではどのような形にするのが良いか)で、襟足をどのような形にするかについて書いていますので、興味がある方はぜひ見てみて下さいね。

【うなじ脱毛の副作用について】
クリニックなどで受けられる脱毛の一つに、「うなじ脱毛」があります。これは、その名の通りうなじに生えた産毛を脱毛するものです。うなじは体の他の部位に比べてデリケートのため、クリニックのレーザー脱毛によって「やけど」などの副作用が起こる可能性があります。特に、もともと皮膚の色が黒い人や、アトピー性皮膚炎など肌に疾患がある人は、特にこの副作用が起こりやすいとされています。うなじ脱毛を行う際は、事前に担当の医師とカウンセリングを行った上で行うようにしましょう。また、うなじは前述の通り他の部位に比べてデリケートな部分であるため、レーザーを少しずつ照射していく必要があります。そのため、通常の脱毛より長い期間がかかります。この点にも注意が必要です。