月別アーカイブ: 2015年5月

うなじ脱毛やワキ脱毛を受ける!

いま、ムダ毛処理方法として、脱毛サロンで受けることができる「フラッシュ脱毛」が注目されています。痛みがほとんどないというメリットもありますし、照射範囲も広いために、時間をかけずに施術を行うことができるのです。うなじ脱毛は自分でやりづらいところですし、除毛ではなかなかきれいにならないワキ脱毛と合わせて人気があります。
うなじ脱毛は、されている方が少し少ないこともありますが、毛が濃いという方ですと、どうしてもきたなくなってしまう部位でもありますので、見た目の印象がかなり変わってすっきりしてきますのでおすすめです。
うなじ脱毛はうなじが毛深い人におすすめ
レーザーの方が痛みを生じることがありますので、痛みが心配な方にはフラッシュの方が良いかも知れません。まずはカウンセリングを受けてみましょう。

【レーザーの種類とうなじ脱毛に関して】
うなじ脱毛の際には、様々な医療機器が用いられることがありますが、大手の美容皮膚科などのクリニックでは、レーザーを用いた治療が積極的に導入されています。
高性能の医療用レーザーを用いたうなじ脱毛に関しては、効果がとても強いことが知られており、肌に対して負担がほとんどかからないため、長期的に施術に取り組む際にも便利なものとされます。
レーザーの種類に関しては、それぞれのクリニックの方針によって様々ですが、近頃は世界的にも安全性が高く評価されている機器に対するニーズが高まっています。うなじ脱毛のポイントとしては、施術回数や施術料金にこだわることが良いとされ、複数のクリニックの特徴を予め把握することが大切です。

うなじ脱毛に通うペースについてはこちら

 

ムダ毛処理で髪がまとまるうなじ脱毛の魅力

女性で髪をアップにすると、うなじの後れ毛が妙に気になって上手くヘアスタイルが決まらないと思うならば、うなじ脱毛を経験されるとよいでしょう。後れ毛が少なくなりますので、セットがしやすくなり、忙しい朝の支度を短時間で済ませることができるというメリットがあります。
ムダ毛の処理といえば脱毛サロンですが、意外とうなじ脱毛が行えることを知っているという人は少数であったりします。有名な脱毛サロンであれば安価にうなじ脱毛を利用できますので、まずは問い合わせてみてください。
ちなみにうなじの部分は、襟足という呼び名で部位指定がなされている場合があります。この襟足を頼りに、受け付けている脱毛サロンを探せば見つけ出せます。

【結婚式のためのうなじ脱毛について】
結婚式のときに髪の毛をアップにするという方も多いです。
そこで、結婚式の前にうなじ脱毛を受ける女性も増えています。
うなじ脱毛のみを単独で受ける方もいらっしゃいますが、ブライダルエステの中にうなじの脱毛が入っている場合もあります。
うなじに生えているムダ毛は薄い産毛なので、脱毛に時間がかかる場合があります。
他の部位であれば、通常は6回ほどの施術である程度はキレイになると言われていますが、うなじの場合には6回の施術でもなかなか効果がでない方もいらっしゃいます。
式はキレイなうなじで迎えたいという方は、早い時期から施術を受け始めていたほうが良いでしょう。
結婚式の数日前にキレイにしたいと思ったときは、脱毛の施術ではキレイにならないので、シェービングを受けたほうが良いでしょう。

 

うなじ脱毛に通うペースや期間について

うなじ脱毛の通うペースはどのくらいが良いのでしょうか。
毛には毛周期と呼ばれている毛の生え代わりの周期があります。
毛の成長段階には成長期、後退期、休止期という段階があり、成長期のときに脱毛の施術を行うのが最も効果的だと言われています。
退行期、休止期のときに施術を受けても効果を期待することができません。
そのため、脱毛の施術は、毛周期に合わせて行い、2ヶ月~3ヶ月に1回施術に通うことになります。
うなじ脱毛は、産毛のような細い毛を処理するので効果が出にくく、効果が出るまでに時間と回数がかかることがあります。
他の部位であれば、一般的に脱毛の施術は6回程度で、ある程度は完了すると言われていますが、産毛の脱毛の処理は6回ではなかなか完了しない場合が多いです。
そのため、うなじが完全にキレイになるまでには、2年ほど時間がかかる場合があるということを頭に入れておきましょう。
その他、うなじ脱毛をする上で気になることといえば、やはり、襟足をどのような形にするか、ではないでしょうか。
こちらの記事(うなじ脱毛ではどのような形にするのが良いか)で、襟足をどのような形にするかについて書いていますので、興味がある方はぜひ見てみて下さいね。

【うなじ脱毛の副作用について】
クリニックなどで受けられる脱毛の一つに、「うなじ脱毛」があります。これは、その名の通りうなじに生えた産毛を脱毛するものです。うなじは体の他の部位に比べてデリケートのため、クリニックのレーザー脱毛によって「やけど」などの副作用が起こる可能性があります。特に、もともと皮膚の色が黒い人や、アトピー性皮膚炎など肌に疾患がある人は、特にこの副作用が起こりやすいとされています。うなじ脱毛を行う際は、事前に担当の医師とカウンセリングを行った上で行うようにしましょう。また、うなじは前述の通り他の部位に比べてデリケートな部分であるため、レーザーを少しずつ照射していく必要があります。そのため、通常の脱毛より長い期間がかかります。この点にも注意が必要です。

 

うなじの脱毛は色素沈着に注意する必要があります

うなじ脱毛は、比較的人気のある脱毛箇所ですが、自分で処理する場合は、色素沈着に注意する必要があります。
うなじは特に皮膚が薄いので肌が傷つきやすいため、色素沈着が起こりやすい箇所です。その上、なかなか元の状態に戻りません。
また、自分でうなじ脱毛する場合、うなじは鏡を使わないと見えない箇所にありますので、脱毛処理が難しい箇所でもあります。
自分でうなじ脱毛するのは難しいため、他人にしてもらう方が皮膚を傷付ける可能性は低くなります。
他人にうなじを脱毛してもらう場合、脱毛サロンや美容エステや医療機関などでプロの脱毛を受けると良いでしょう。
特に、うなじ脱毛コースがある施設であれば、うなじに特化した技術と脱毛器があります。
このような、プロのうなじ脱毛を受ける場合には、色素沈着の心配はあまりありません。
脱毛サロンのうなじ脱毛についてはこちら

【うなじ脱毛のアフターケアについて】
うなじ脱毛を受けるときは、アフターケアをしっかり行わなければいけません。
脱毛の後は肌が乾燥しやすくなっているので、施術の後は、保湿ローションなどでしっかり保湿ケアを行わなければいけません。
乾燥がひどくなると、肌荒れが起こることがあるので注意が必要です。
うなじ脱毛を受けるときは、2ヶ月~3ヶ月に1回施術を受けるようになっています。
カミソリで剃る処理は問題ないのですが、毛抜きで抜いてしまうと毛根まで抜けてしまうので、毛抜きで処理を行ってはいけません。
また、脱毛の種類によっては施術のときに数センチ毛を伸ばしておかなければいけない場合があるので、ある程度長さを残しておくようにしましょう。
指示を守ってアフターケアを行うようにしましょう。
http://www.shalacinema.com/?p=6